データテックロゴ
業務用ドライブレコーダ・自動車機器の開発・販売

てくてく探訪

NEWS

プレスリリース

Press release

プレスリリースイメージ

「ELTRES™ IoTネットワークサービス」を 利用した新たなテレマティクスサービス検討を開始

安全を求める全ての事業者様へ

データ・テック、 ソニーネットワークコミュニケーションズ株式会社の 「ELTRES™ IoTネットワークサービス」を 利用した新たなテレマティクスサービス検討を開始

株式会社データ・テック(以下データ・テック、代表取締役:田野通保)は、ソニーネットワークコミュニケーションズ株式会社(以下ソニーネットワークコミュニケーションズ、代表取締役:髙垣浩一)の無線通信サービスであるELTRES™ IoTネットワークサービスを利用した新たなテレマティクスサービスの検討を開始いたしました。

ELTRES™ IoTネットワークサービスとは、ソニー独自のLPWA(Low Power Wide Area/低消費電力広域)通信規格「ELTRES™」を利用したIoT向け通信サービスです。ソニーネットワークコミュニケーションズが2018年9月28日より東京都内でのプレサービスを開始しており、その中でデータ・テックもELTRES™ IoTネットワークサービスの有用性を確認することが出来ました。

データ・テックは主に業務用車両を対象に、日常のクセを診断し交通事故削減や燃費向上への効果を期待する製品を世に生み出してきました。そしてこの度、現場からの幅広いニーズにお応えするために、ソニーネットワークコミュニケーションズの通信サービスの活用を検討し、更なる新デバイスの開発へと進める運びとなりました。

ELTRES™ IoTネットワークサービスとは

長距離安定通信、高速移動体通信、低消費電力

ELTRES™ IoTネットワークサービスには、長距離安定通信、高速移動体通信、低消費電力という3つの大きな特長があります。これらはまさしく、“車両”という難しい環境におけるデータ取得にとっても、理想的な通信規格と言うことが出来ます。

更にデータ・テックとしては、「通信コストが軽減されること」「電力消費量が小さいため電池駆動で長期間の稼動が可能になり、電源のない車両(コンテナ・パレットなど)への取付が出来るようになること」が最大のメリットであると捉えております。

 

テレマティクスサービスの検討

この機能を活用し、法人ユーザー向けの車両管理として下記の通りのテレマティクスサービスの検討を開始しております。まずは(1)故障や燃費情報の管理です。これはOBD-Ⅱの利用を想定しております。次に(2)配車システムの構築。また、(3)車両の予約システムによるカーシェアへの利用、(4)位置情報や加速度計/ジャイロセンサーを活用した事故自動通知機能を考えております。国の施策としてあげられている事故自動緊急通報装置についても今回の新デバイスで対応を行っていく予定です。

本取組みにつきましては、2019年5月22~24日にパシフィコ横浜で開催される「人とくるまのテクノロジー展2019横浜」のデータ・テックブースで展示をいたします。是非、足をお運びくださいませ。

今後もデータ・テックはセイフティレコーダ®を中心に様々な情報機器と連携し、お客様の幅広いニーズに応えられるようサービスの拡充を図っていきます。

新デバイスイメージ

サービスイメージ(一例)

 
会社概要
社 名 株式会社データ・テック
代 表 田野 通保
設 立 1983年7月(昭和58年7月)
本 社 東京都大田区西蒲田7-37-10 グリーンプレイス蒲田11階
事業内容
  • 事故予防・省燃費運転を支援する車載器
    世界初!運転診断ができるドライブレコーダー「セイフティレコーダ®」開発・販売
  • 動く物体を計測する角度センサ
    加速度計、ジャイロやGPSを活用した動く物体の角度や位置を計測する装置の開発・販売
    (◆線路の経路検査◆車メーカー向け計測器◆無人搬送車・ロボット◆放送用カメラスタビライザーなどに使用)
  • 車両情報も管理できるネットワークシステム
    車両に関わる有効なネットワークを用い業務の運用に至る広義のネットワークシステムを提供
  • ドライブレコーダー・デジタルタコグラフメーカー初!「ISO39001」認証取得press_20180702_5
本件に関するお問い合せ

株式会社データ・テック 戦略室

電話:03-5703-7060

記載された製品の仕様・サービス内容は発表日現在のものであり、予告なしに変更されることがあります。
セイフティレコーダ®は、株式会社データ・テックの登録商標です。

ページTOPへ