Safety Rec(セイフティレック) for Android




本アプリケーションはセイフティレコーダを、Androidスマートフォンに搭載されているカメラ、加速度センサ、GPSを利用して再現したアプリケーションです。 運転状況を記録し、日常運転の癖を診断します。 運転後に振返りをおこない、安全運転の向上やエコドライブにお役立て下さい。
  ■対応機種、対応OS
対応機種:Android
        au     IS03、REGZA PhoneIS04、GALAXY S II WiMAX(ISW11SC)、
              DIGNO (ISW11K)、HTC EVO3D (ISW12HT)
        docomo Xperia arc (SO-01C)、Xperia acro (SO-02C)、Xperia ray (SO-03C)、
              GALAXY S (SC-02B)、GALAXY SII (SC-02C)、
              AQUOS PHONE (SH-12C)、LYNX 3D (SH-03C)、
              REGZAPhone (T-01C)
対応OS:Android OS 2.1update1、2.2、2.3に対応

  起動時にタイトル画面を表示します。
「今月のキャンペーン」ボタンをタップすると、ブラウザが起動し、キャンペーンサイトにジャンプします。
「キャンセル」ボタンをタップすると、ユーザー選択画面が表示されます。

 

  スマートフォンで撮影した写真、既存写真、名前の登録、 車両ナンバー等を登録します。

 

  ・「運転開始」をタップするとレコーディング
  開始の準備を行います。

・「走行履歴」をタップすると、記録した走行
  履歴を閲覧することが出来ます。

・「ユーザ設定」をタップすると、登録した
  ユーザ情報を編集することがで来ます。

 

  動画撮影時間を、前2〜10秒、後2〜10秒の間でそれぞれ設定することが出来ます。
バッテリー残量監視して、設定%(10〜50%)以下になった時に計測を自動停止します。

「サポートページを表示」をタップすると弊社SafetyRecサポートページへジャンプします。

「アドオン購入」をタップすると「いつもNAVI切り替えボタン」の購入画面が表示されます。

※「アドオン購入」はau版Android端末の
  GALAXY S II WiMAX(ISW11SC)、
  DIGNO (ISW11K)、
  HTC EVO3D (ISW12HT)
の3機種からのみご利用頂けます。
  「au ID登録」が表示された場合には「au ID」と「パスワード」を入力して「OK」をタップして下さい。
  「アイテム購入確認」メッセージが表示されます。
「購入」をタップして下さい。
  「セキュリティ認証」メッセージが表示されます。
「auかんたん決済」のセキュリティパスワードを入力し「認証」をタップして下さい。
  「購入完了」メッセージが表示されます。
「OK」をタップして下さい。

これでアドオンの購入が完了しました。



※au Marketに関してのご質問は、au Marketへお問い合わせ下さい。

 

  メニュー画面で運転開始をタップすると、通知領域に「SafetyRec計測準備中」のメッセージが表示された後、「SafetyRec計測開始」と表示されます。
画面中央部(@)をタップすると、カメラの映像を動画で記録します。

画面右のボタン(A)をタップすると、計測を終了します。

※画面右の「終了ボタン」の上には現在の速度が表示されます。
※画面右の「終了ボタン」の下には端末のバッテリー温度が表示されます。
※画面右下のステータスには、GPSの測位状態が表示されます。
ステータスの色には以下の意味があります。
緑:測位中、黄:測位中(低精度)、赤:非測位

※通知領域には以下の場合にメッセージが表示されます。
  「計測開始」、「計測中」、「終了時の診断結果表示」、「危険挙動発生」、「タップイベント」、「エラー状況」

※バッテリー容量が低下した場合、端末の温度が上昇した場合、計測開始から5時間が経過した場合には通知を表示し自動で計測を終了します。通知は数秒間表示された後で自動的に消えます。

※動画撮影時間は設定画面から変更できます。
  「いつもNAVI切り替えボタン」アドオンをご購入済みの場合は左の画面が表示されます。

 

  取得したデータが、日付の新しいものが一番上になるように表示されます。

"編集"をタップすると「編集」「削除」ボタンが表示されます。

「編集」ボタンをタップすると「住所欄に任意の文字列を入力することが出来ます。
「削除」ボタンをタップするとデータを削除することが出来るようになります。
 ※一旦削除したデータは復元できません。

 

  地図上に走行軌跡を表示し、危険挙動、任意映像、日常映像がある場所をアイコンにて表示します。また、映像も再生します。
選択しているアイコンは指さしアイコンで表します。

コントロールボタンを押すと「コントロールパネル」の表示/非表示が出来ます。

 

  記録した、危険挙動、任意映像、日常映像を再生して表示します。
また、"マップで表示"をタップすると、スマートフォンのマップと連動して、イベント発生位置もストリートビューに対応している場所であれば、更に詳しくイベント発生位置の状況を確認することが出来ます。

 

  ドライブ診断結果をスムーズ、ブレーキ、停止、右左折、ハンドルの5つの項目で点数表示します。
点数の下に総合得点によるランキングを星の数で表示しています。

Twitterアイコンをタップすると、診断得点、走行距離、走行時間をツイートすることができます。

※初めてのツイート時には「ユーザー名」「パスワード」を入力してください。
※「ユーザー名」「パスワード」についてはTwitterホームページにて事前に取得して置いてください。
     「ワンポイントアドバイス」または「レーダーチャート」をタップすると、運転診断評価と運転診断評価基準のコメントを表示します。

※運転診断評価:点数の傾向から安全運転へのアドバイスを表示します。
※評価基準:5つ項目について元になる評価の基準点をコメントで表示します。

 

  速度の出ている部分をタップすると、タップした位置に一番近い映像を表示します。
表示された映像を非表示にしたい場合は、速度の出ていない時間部分をタップして下さい。
また、表示した映像をタップすると、走行映像表示画面に切り替わり、映像を拡大表示します。

 

  走行データが存在する日は、日付の右下に黒い点が表示されます。
また、点数順、名前順等で並び替えを行うことが出来ます。

 

  New!
SafetyRecのドライブレコーダ機能を「いつもNAVI (au版 地図ナビ)」と同時に使用することができます。

いつもNAVI連携機能をご利用頂くには以下の手順が必要です。
@ SafetyRecをインストール
A 「いつもNAVI (au版 地図ナビ)」をインストール(無料)
※最新の「いつもNAVI (au版 地図ナビ)(バージョン302)」がインストールされている必要があります。
※「いつもNAVI (au版 地図ナビ)」との連携はau版Android端末の
  GALAXY S II WiMAX(ISW11SC)、
  DIGNO (ISW11K)、
  HTC EVO3D (ISW12HT)
の3機種からのみご利用頂けます。

いつもNAVIからSafetyRecを利用するには、現在地自動更新中の画面またはナビ中の画面で「SafetyRecボタン」をタップして下さい。
現在地自動更新中の画面では画面左端の「SafetyRecボタン」をタップして下さい。
  ナビ中の画面では画面右上の「SafetyRecボタン」をタップして下さい。

  通知領域に「SafetyRec計測準備中」のメッセージが表示された後、「SafetyRec計測開始!」と表示されます。
計測を中止するにはもう一度「SafetyRecボタン」をタップして下さい。

※通知領域には以下の場合にメッセージが表示されます。
  「計測開始」、「計測中」、「終了時の診断結果表示」、「危険挙動発生」、「タップイベント」、「エラー状況」

※バッテリー容量が低下した場合、端末の温度が上昇した場合、 計測開始から5時間が経過した場合には通知を表示し自動で計測を終了します。 通知は数秒間表示された後で自動的に消えます。 また、「SafetyRecボタン」が赤から白の表示に変わります。

いつもNAVIから計測を開始した場合、最後に計測を行ったユーザーが選択されます。
※ユーザーを変更したい場合は、SafetyRecを表示し、別のユーザーを選択し計測を行なって下さい。
 また、SafetyRecのユーザが一人も登録されていない場合はユーザー登録画面が表示されます。

※いつもNAVIのナビ機能は、お試し期間として30日間無料でご利用いただけます。 30日間経過後もご利用いただく場合は、月額315円(税込)の会員登録が必要となります。
いつもNAVI (au版 地図ナビ)についての詳細はこちらをご覧下さい。

■ 以下の機能はアドオンをご購入頂くことでご利用頂けます。

★現在「いつもNAVI切り替えボタン」を無料でご利用頂けるキャンペーンを行なっております。★
キャンペーン終了後はアドオンをご購入頂くことで「いつもNAVI切り替えボタン」がご利用頂けます。

  SafetyRecの計測画面からいつもNAVIを起動することができます。

「いつもNAVI切り替えボタン」をご利用頂くには以下の手順が必要です。
@ SafetyRecをインストール
A 「いつもNAVI (au版 地図ナビ)」をインストール(無料)
B SafetyRecの設定画面からアドオンを購入
※最新の「いつもNAVI (au版 地図ナビ)(バージョン302)」がインストールされている必要があります。
※「いつもNAVI (au版 地図ナビ)」との連携はau版Android端末の
  GALAXY S II WiMAX(ISW11SC)、
  DIGNO (ISW11K)、
  HTC EVO3D (ISW12HT)
の3機種からのみご利用頂けます。
計測中画面で画面の下をタップすると、いつもNAVIが起動します。
※アドオンの購入については「設定機能」についての説明をご覧下さい。

※ご利用に際しては「au Market」が利用可能な状態で、
 アドオン課金の契約が必要です。


■対応機種、対応OS
対応機種:Android
        au     IS03、REGZA PhoneIS04、GALAXY S II WiMAX(ISW11SC)、
              DIGNO (ISW11K)、HTC EVO3D (ISW12HT)
       docomo Xperia arc(SO-01C)、Xperia acro(SO-02C)、Xperia ray(SO-03C)、
              GALAXY S(SC-02B)、GALAXY SII(SC-02C)、
              AQUOS PHONE (SH-12C)、LYNX 3D(SH-03C)、
              REGZAPhone(T-01C)
対応OS:Android OS 2.1update1、2.2、2.3に対応

■制限事項
1.Android版特有の仕様として次の項目があります。
    (1)走行記録中に電話着信、メール受信した場合、その後の動作で次のような動作になります。
       @計測画面表示中
       ・電話を着信した場合、「保留」、「留守電」、「電話に出る」、「電話を拒否する」にかかわらず
       記録を終了します。(ホームボタンタップと同様となります。)
       ・メール、SMSを受信した場合、記録は継続されます。
       AいつもNAVI表示中
       ・電話を着信した場合、「保留」、「留守電」、「電話に出る」、「電話を拒否する」にかかわらず
       記録を継続します。
       ・メール、SMSを受信した場合、記録は継続されます。
    (2)計測画面表示中にホームボタンまたは電源ボタン(1回)を押した場合、記録を終了します。
       いつもNAVI表示中には、ホームボタン、電源ボタン(1回)を押しても記録を継続します。
    (3)イベント発生中に電話を着信した場合データが正しく記録されないことがあります。
       ※イベントの情報は電話着信の時に記録完了している箇所まで記録されます。
    (4)イベント発生時の映像と時間が数秒ずれる場合があります。
    (5)走行記録中に電源ボタンを長押ししてメニューを表示した場合、データ取得を自動的に終了します。
    (6)各画面にて「戻る」キー押下時、次のような動作になります。
       ・ドライブ診断結果画面、走行グラフ画面→走行マップ画面へ戻ります。
       ・走行カレンダー画面、設定画面     →ユーザー選択画面に戻ります。
       ・ユーザー選択画面            →終了確認画面が表示されて「アプリ終了」でアプリを終了します。
       ・計測中画面                →「戻る」キーを使用停止にしています。
       ・上記以外の画面では「戻る」キー押下で、前の画面に戻ります。 
    (7)動画の取得周期は設定によって変わります。
       イベント(危険挙動、タップイベント)取得時間 記録フレームレート
       前後2秒〜3秒(合計6秒)        :8フレーム
       前後4秒〜6秒(合計7秒〜12秒)   :6フレーム
       前後7秒〜10秒(合計13秒〜20秒) :4フレーム
    (8)運転診断画面を表示させた状態で電源ボタンを押して、再度電源ボタンを押して復帰させると
       走行マップ画面に移動します。
    (9)通知領域に表示したメッセージをタップしてSafetyRecの画面を表示することはできません。
    (10)Android端末の負荷が高い場合次のような現象を確認しています。
      @走行映像表示画面でAUTOボタンをタップすると、まれに「映像準備中です。」のメッセージが消えるまでに時間がかかる場合があります。
        この場合表示が消えるまで待っていただくか戻るボタンをタップして下さい。
      A走行中にカメラの異常が発生した場合に、「カメラが異常状態です。」というメッセージとともに計測を終了する場合があります。
        この場合、スマートフォンを再起動してください。
   (11)カレンダー画面で時刻にてソートを行った場合、100点のデータが0点の位置にソートされてしまいます。

2.Safety Recの制限事項
    (1)危険運転時、事故時に必ず映像を記録するわけではありません。
    (2)危険な挙動をしていない時にも稀に危険挙動として記録される場合があります。
    (3)Free版は最大10分連続してデータを取得することが出来ます。
      製品版は最大5時間連続してデータを取得することが出来ます。
      最大時間を経過するとデータ取得を自動的に終了します。
    (4)Free版は、「運転開始」押下後にGPSが測位しないと"記録開始"することが出来ません。
       GPSが測位出来る場所にてご利用を開始して下さい。
    (5)製品版は、「運転開始」押下後にGPSが測位すると自動で"記録開始"します。
       GPS測位前に走行を開始した場合、GPSが測位した位置から記録されます。

3.Xperiaの制限事項
    (1)Xperia arc、Xperia acro、Xperia rayは、計測中のカメラ映像がFULLサイズではありません。
       (画像の左右に黒い帯部分があります。)

4.HTC EVO3D (ISW12HT)の制限事項
    (1)HTC EVO3D (ISW12HT)は、端末固有の機能として、「高速起動」の機能があります。
       「高速起動」の設定がONの場合、計測中に電源OFFを行うとデータが正常に記録できません。
       電源をOFFにする場合は計測を終了してから行って下さい。
       また「高速起動」をOFFにする事で計測中に電源OFFの操作を行った場合も
       正常に記録を完了する事ができます。
       「高速起動」をOFFにする場合は、Androidの設定から「電源管理」 > 「高速起動」の欄の
       チェックを外してOFFにして下さい。

5.いつもNAVI連携機能の制限事項
    (1)いつもNAVIの画面上からはタップ映像の取得が行えません。
      SafetyRecの計測画面上から行なって下さい。
    (2)いつもNAVIからSafetyRecの画面を表示するには、ホーム画面を表示し、
      SafetyRecを起動する必要があります。
      いつもNAVIで計測を終了した場合は診断結果は通知領域に表示されます。
      詳細な診断結果を表示するにはSafetyRecを起動し走行履歴から運転診断結果を表示して下さい。
    (3)いつもNAVIの現在地自動更新中の画面から計測を開始した場合、
      「GPS停止」をタップすると計測を終了します。
      またナビ中の画面から計測を開始した場合、目的地に到着するか「ナビ停止」をタップして
      ルート案内を終了すると計測を終了します。

■注意事項
1.本アプリをご利用の際は、スマートフォンを運転の邪魔にならない場所にしっかり固定してご利用下さい。
2.運転中のスマートフォンの操作は絶対にお止め下さい。
  Twitterに投稿するなどの行為も絶対にお止め下さい。
3.クレイドルのフロントガラスへの設置は法律上禁止されています。
   (自動車検査独立行政法人の審査事務規定5章47項に詳細規定してあります。)
4.スマートフォンの機能をフルに利用しておりますので電池を著しく消耗します。電源を供給しながらお使いください。
5.本アプリを使用しての事故、損害について、当社は一切責任を負いません。
6.事故時の映像を必ず記録するものではありません。
7.スマートフォン本体のGPS特性により、停車時に位置が移動したり、走行していない箇所に軌跡が引かれる場合があります。
8.スマートフォン本体が高温になると自動的に終了します。
   ※高温状態になった場合は、一旦スマートフォンが冷えるのを待ってから計測をお願いします。
   ※スマートフォンの機能として、使用中本体が高温になった場合、本体の保護のため一時的に一部機能を停止、スマートフォン本体の再起動を行う場合があります。
9.冷却のためエアコンの噴出し口の近くに置きますと、急激な温度変化により結露が発生し、
   内部が腐食・故障の原因となる場合がありますので、吹き出し口近くには置かず、離してください。
10.Androidの場合、電源投入時に「SDカード確認」状態になります。
   「SDカード確認」が終わるのを待ってからアプリを起動してください。
11.Free版の場合、「映像準備中」など実行中に画面タップなどを行うと警告画面が出ます。
   その場合には「待機」を押してください。
12.一分写真と映像(タップ映像、危険挙動)の並びについては発生時刻(映像はタップ及び危険挙動発生時刻)の順番で並んでおります。
   そのため、一分写真の時刻よりも前の時刻の映像が、次の映像の先頭として来る場合があります。
13.GPS機能が無効の場合、運転開始をしても、走行の記録ができません。
   下記の手順でGPS機能を有効にしてください。。
   設定アプリの「現在地情報セキュリティの設定」→「GPS機能を使用」のチェックをONにしてください。
14.Twitterへ投稿するには、Twitterアカウントと、連携アプリの許可が必要です。
15.Twitterへ投稿する走行距離は、GPSの測位状態、走行状態により10%程度の誤差が発生します。
   (走行距離が極端に短い場合、切り捨て等の処理で誤差が大きくなります。)
16.計測直後の急カーブ運転、急なバック運転により、危険挙動名称の違いなど危険挙動算出に
   若干の影響がでるときがあります。
17.設置方向・設置位置により、得点に誤差(各項目4点程度)が発生するときがあります。
18.ホームボタンやバックボタンを使用しアプリケーションを終了したときは、
   次回起動時にタイトル画面(スプラッシュスクリーン)は表示されません。
   次回起動時にタイトル画面(スプラッシュスクリーン)を表示するには、
   アプリケーション終了ダイアログ表示時に、「アプリ終了」をタップ(選択)して下さい。
19.本アプリは乗用車でのご利用を対象としています。
20.計測を開始するときはSDカードに十分な空き容量(500MB以上)があることを確認してから行なって下さい。
21.現在Google Play、au Market上で販売中のSafetyRecは同一のものです。
   購入済みのアプリは、購入したマーケットでのみ購入済みアプリとして表示されます。
   間違えて別のマーケットで重複して購入操作を行わないようご注意下さい。
22.スマートフォンの通信が行えない環境では正常に計測が行えません。
   また走行マップ表示機能、Twitterへのツイート、サポートページの表示、
   キャンペーンサイトの表示はご利用できません。
   通信が行える環境でご使用下さい。

■バージョン1.3.5では、下記の機能等が追加・改善されました。New!

【新機能】
 @「いつもNAVI (au版 地図ナビ)」(株式会社ゼンリンデータコム提供)連携機能を追加しました。
  ・SafetyRecから「いつもNAVI」へアプリの切り替えが可能になります。
  ・「いつもNAVI」上でSafetyRecの計測開始、終了が可能になります。
  ・「いつもNAVI」で地図機能やナビ機能を利用しつつ、SafetyRecで計測を行うことが可能になります。
   ※SafetyRecの計測は、アプリを切り替えてもバックグラウンドで動作して継続できます。
   ※連携機能については下記の制限を設けています。
    ・対応機種:GALAXY S II WiMAX(ISW11SC)、DIGNO (ISW11K)、HTC EVO3D (ISW12HT)のみ
    ・SafetyRecからいつもNAVIへの連携機能のご利用に際しては「au Market」が利用可能で、
     アドオン課金の契約が必要です。
    ・最新の「いつもNAVI(バージョン302)」がインストールされている必要があります。
 A通知機能
  ・SafetyRecを表示していない際も、通知領域にSafetyRecの稼動状態を通知できるようにしました。
   「計測開始」、「計測中」、「終了時の診断結果表示」、「危険挙動発生」、「タップイベント」、
   「エラー状況」を表示します。
 B対応機種を追加しました
   au : GALAXY S II WiMAX(ISW11SC)、DIGNO (ISW11K)、HTC EVO3D (ISW12HT)

【改善項目】
 @計測中のカメラプレビュー表示を削除し、バッテリー消費の改善を行いました。

■バージョン1.3.4では、下記の機能等が追加・改善されました。
 @キャンペーンサイトHPを表示するボタンを追加しました。
  タイトル画面にボタンを設置し、タップするとデータテックキャンペーンホームページを表示します。

■バージョン1.3.3では、下記の機能等が追加・改善されました。

【新機能】
 @フリー設置に対応しました。
  スマートフォンを任意の向きに設置できます。
 ATwitter機能追加
  ドライブ診断結果をTwitterにつぶやけるようになりました。
 B運転診断コメント表示機能
   ドライブ診断結果画面から、運転診断コメントを表示できるようにしました。
 C.安全運転ランク機能
   ドライブ診断結果画面に、現在の運転診断結果総合得点から作成したランクを表示するようにしました。
    ランクと点数と☆の数の関係
     ・Sランク:95点以上   ☆5つ
     ・Aランク:80点〜94点 ☆4つ
     ・Bランク:60点〜79点 ☆3つ
     ・Cランク:40点〜59点 ☆2つ
     ・Dランク:20点〜39点 ☆1つ
     ・Eランク: 0点〜19点 ☆なし


【改善項目】
 @診断の対象となるデータが計測できなかったときは、得点を「--」と表示するようにしました。
 AGPS測位後、自動で計測を開始するようにしました。
 Bアイコンのチェック状態を保持できるようにしました。(改善)
   走行マップのチェック項目(危険挙動、1分映像、タップ映像)のチェック状態を走行毎に保持できるようにしました。
 C走行履歴をタップした後、マップが表示されるまでの間に、読み込み中の画面を追加対応(改善)
   走行履歴から、走行マップの画面が表示されるまでの間、「走行データ準備中」と画面を表示するようにしました。
 D終了ボタンの反応が鈍い現象を改善しました。(改善)
   計測終了後、ボタン押下表示(凹んだボタンへの切り替え)を優先に表示するようにしました。
   また、走行データ準備中の画面(プログレスサークル付き)の表示を追加しました。
 Eカレンダー上の走行データ直近の日付をデフォルトにしました。(改善)
   走行カレンダーを表示したとき、取得した走行データを元に、
   直近の走行データの日付を自動で選択するようにしました。
 Fユーザー情報が1人も登録されていないときは、登録画面からスタートするようにしました。(改善)
  ユーザー情報が全く登録されていないときは、アプリケーション起動後、
  ユーザー登録画面が表示するようにしました。
 Gプログラムの初回起動時、SafetyRecのタイトル画面(スプラッシュスクリーン)を表示するようにしました。




Copyright (c) 2012 Datatec Co.,Ltd. All Rights Reserved.