データテックロゴ
業務用ドライブレコーダ・自動車機器の開発・販売

てくてく探訪

NEWS

プレスリリース

Press release

プレスリリースイメージ

りそな中小企業振興財団の中小企業優秀新技術・新製品賞で 「FuelCompass(フューエルコンパス)」が入賞しました

株式会社データ・テック(本社:東京都大田区、代表取締役:田野通保、以下弊社)は公益財団法人りそな中小企業振興財団が日刊工業新聞社と共催している、第28回「中小企業優秀新技術・新製品賞」において、弊社の「FuelCompass(フューエルコンパス)」が一般部門の奨励賞を受賞しました。

りそな中小企業振興財団は中小企業の技術の振興を図り、わが国産業の発展に寄与することを目的に毎年1回優秀な新技術・新製品の表彰をおこなっており、弊社の保有する技術の新規性および市場へのインパクトが評価されたものと考えています。

FuelCompass について

FuelCompass は、トラックやバスなど自動車の燃料消費量と給油量を自動記録する装置で燃費の算出に役立つ製品です。弊社が販売するセイフティレコーダのオプション品として年式や車種、メーカーが異なっても取付けて使用する事ができます。
簡易的な仕組みにより燃料消費量と給油量を把握できるようにする事で、燃料効率の高い運転(エコドライブ)を指導できるようになり、地球温暖化対策の推進につなげられます。
【特許:運行管理装置(特開 2014-26345)、商標:FuelCompass(第5555755号)】

関連リンク

FuelCompass(フューエルコンパス)
~車両の燃料消費量等、自動計測装置~

1. 概要

FuelCompass(フューエルコンパス)は、自動車における燃料の消費量と給油量を自動記録するユニットです。
貨物自動車運送事業者や旅客自動車運送事業者が使用する事業用自動車における燃料情報を簡易的な仕組みにより把握できるようにする事で、燃料効率の高い運転(エコドライブ)を指導できるようになり、地球温暖化対策の推進につなげられます。

2. 開発の過程

簡便な方法で安価に燃料の消費量や給油量を自動的に把握する方法はないかと考え、燃料レベルセンサーに着目しました。
FuelCompassの開発においては、約1年間の調査と実験を重ねてきました。一つは実車の燃料タンクから一定量の燃料を徐々に抜き取っていく中で電圧変化の様子を確認したところ、一次関数グラフで表現できる事を確認できました。もう一つは実際の運行車両データを取らせていただき、走行に伴い燃料が徐々に減っていく様子、また給油時に電圧が大きく変化している様子を可視化し、そのリニアに変化する勾配から満タン法と同等の燃料を算出させる方法を見出し、特許を取得しました。

3. 提供機能

FuelCompassはデジタコと連携する事で、給油した日時や位置を記録する事ができます。燃料消費時の時間や走行位置等を関連付けて記録すれば、「どの時間帯・場所における走行が最も効率的な燃料消費になるのか?」を把握できるため、配送コースの見直しにおける参考情報としての活用も可能となります。

4. 機能の優位性

各自動車メーカーが提供する、CAN情報等からの燃費計測及び関連するテレマティクスサービスが競合製品となりますが、CAN等からの車両情報取得は全ての車両で共通して搭載されている訳ではなく、旧式の車両や異なるメーカーの車両では機能しない場合があります。
FuelCompassは燃料メーターから電圧を取得するだけでお使いいただけるため、併用的な運用が可能です。

5. 今後の展開

燃費管理を徹底する事により省燃費運転が励行されれば、事業用自動車のCO2排出量を抑制できます。約1.6万台の販売実績を迎える全ての車両において、約7%の燃費向上ができれば、年間約38,300トンものCO2排出削減効果が期待できます。
燃費の向上は燃料経費の削減にもつながり、導入事業者は約1年半で導入費用分の効果を見出し、以降は利益となります。日本国内では法人が使用する車両が約1,700万台あると言われており、直近ではこの市場に対して、販売活動を行っております。
FuelCompassは海外の車両においても転用可能であり、二国間クレジット制度(JCM)において採択されました。本技術が海外でも本格展開ができれば、国内規模以上の大きな石油資源の消費削減に役立たせるポテンシャルを持っています。

 
会社概要
社 名 株式会社データ・テック
代 表 田野 通保
設 立 1983年7月(昭和58年7月)
本 社 東京都大田区西蒲田7-37-10 グリーンプレイス蒲田11階
事業内容

世界ではじめて体の動きを計測する『バーチャルリアリティー用小型3軸角度センサー』を生み出した会社です。そのセンサーの応用技術(加速度センサー・ジャイロセンサー・GPS 等)を発展させて、日本初のドライブレコーダー『セイフティレコーダ®(SR)』を 1998 年に製品化しました。製品開発から、販売、アフターフォローに至る全てを手がけています。

本件に関するお問い合せ

株式会社データ・テック 営業本部
電話:03-5703-7060

記載された製品の仕様・サービス内容は発表日現在のものであり、予告なしに変更されることがあります。
セイフティレコーダ®は、株式会社データ・テックの登録商標です。

ページTOPへ