データテックロゴ
業務用ドライブレコーダ・自動車機器の開発・販売

てくてく探訪

製品情報

ラインアップ

Line up

VRセンサー

VRセンサー

人の動きを三次元的に計測できる角度センサです

超小型・軽量かつ高精度なセンシングを行いますので、HMD(ヘッド マウント ディスプレイ)用のトラッカーとして最適です。
角度出力はデジタル(RS-232C)またはアナログ(オプション)。
出力周期60Hz、速い動き(300°/sec)の計測が可能です。

VRセンサー

特徴

VRセンサーとは・・・

VR(バーチャルリアリティ)は「インタラクティブ性を含んだ仮想空間」と定義されています。
現実の世界では体験できない仮想空間の応用は、娯楽分野だけでなく、教育や医療など幅広い分野で応用が期待されています。
VRに求められる技術は簡単なものではありません。人間の動きをセンスするにはハイレスポンスのセンサーが必要です。
例えばアミューズメント利用に求められるレスポンスは毎秒300°、60Hzの出力周期が必要です。
人の動きを検出するのに要求される「超小型・軽量」と、「高精度なセンシング」を両立させたのがデータ・テックのVRセンサです。

VRセンサーの特長
  • データ・テックのVRセンサは、振動ジャイロと加速度計を各々3個使用した超小型低価格の姿勢方位角センサーで、姿勢角(ロール角、ピッチ角)および方位角を通信(RS-232C)でデジタル出力します
  • VRセンサは小さくて軽くなくてはなりません。
    特に人の動きを計測する場合には小型軽量であることが必要条件となります。
    VRセンサは寸法わずか36mm角、重さは50gしかありません。
  • 人の動きは3次元動作ですから、センサも必ず三次元対応であることが必要です。
    VRセンサは三次元角度計としての全ての条件を満たしています。
  • 人や物の動きをセンスするには広域のダイナミックレンジに対応する必要があります。
    VRセンサは60Hz、最大300°/秒という高速レスポンスを実現しています。
  • 画像コンピュータで処理可能なデジタル出力を備えています。

主な用途

  •  水平角度計(平面の歪み検査)
  •  角度および曲面検査(管の角度検査)
  •  線路等の経路検査(上下の揺れ検査、曲がり検査)
  •  クレーンの揺れ防止
  •  無人搬送車・無人ロボット
  •  放送用カメラスタビライザー
仕様
品名 VRセンサ
型名 GU-3013
センサー構成 振動ジャイロ(×3)
加速度計(×3)
検出角速度 ロール角 ±5°/sec~100°/sec
ピッチ角
ヨー角
検出角度 ロール角 ±60°
ピッチ角 ±60°
ヨー角 ±180°
精度 ロール角 ±0.5°
ピッチ角 ±0.5°
ヨー角 ±1.0%フルスケール
供給電源 +5VDC (0.8A)
+12~15VDC ( 0.4A)
-12~15VDC ( 0.2A)
動作温度範囲 -20℃~70℃
出力 RS-232C
ボーレート(※) 19200bps
(8bit パリティなし ストップビット2bit)
出力周期 60Hz(16msec)
外形寸法(本体) 120mm×104mm×77mm
重量(本体) 800g
付属品 モニタ・ファイリングソフト サンプルプログラム ケーブル
オプション 電源ユニット(OP-410)
備考 アナログ出力仕様(オプション)も用意しております。
ボーレートは変更できます。 
ページTOPへ