データテックロゴ
業務用ドライブレコーダ・自動車機器の開発・販売

てくてく探訪

NEWS

プレスリリース

Press release

プレスリリースイメージ

日本通運が、データ・テックの次世代型車載器 「SRVDigitacho N」を全車両に導入

株式会社データ・テック(代表取締役:田野通保)は、このたび、日本通運株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:渡邉健二)の全事業用自動車に当社が開発した最新型車載器「SRVDigitacho N」を搭載しました。
従来からのデジタル式運行記録計としての機能に加え、バック信号や燃料消費量などの車両情報、ドライブレコーダー(走行方向映像・車内映像・音声)などの付加情報、これら全てを一元管理できる機能を搭載した次世代車載器で、運行車両の更なるセイフティ&エコドライブを支援してまいります。

「SRVDigitacho N」とは

  • ドライブレコーダーとデジタコ 一体型車載器です。【国交省認定運行記録計(自TDⅡー37)】
  • カードレス対応で、スマートフォンと連携して運行データを記録できます。
  • 燃料消費計ユニットFuelCompassにより自動で燃料消費量を計測します。
  • カメラ2台の映像を運行データとともに管理し、適切な運転指導が可能です。
  • 音声録音での状況確認が可能です。

「次世代通信」に対応!!

  • Bluetoothや3Gを単体のユニットで提供することで、次世代通信に簡単・安価で交換することができます。「SRVDigitacho N」本体を交換することなく末永くご活用いただけます。

「SRVDigitacho N」の特長

1.業務効率UP

  • デジタコデータと走行記録は、自動的にサーバへ保管されて手間いらず。
  • 日ごとの燃費を自動計測し、いつでもどこでも一覧表で確認できます。
  • スマートフォンからパソコンへ、データ転送が完了すると安全運転確認書(注1)が自動的に印刷されます。

2.お客様満足度UP

  • システム障害が発生しても「SDカード」からその日の運行データと映像を直接パソコンに取込み、日々の運用をストップすることがありません。(リスク分散)
  • 安全マップ(注2)に危険エリアを登録することで、危険エリア進入時に運転者へ音声でお知らせします。
  • パソコンに取り込んだ映像データ(注3)は、サーバに保管され、どこにいても映像データの共有ができます。
  • 車両の危険な動きを詳細に検知し、事故に繋がりやすい注意すべき挙動(注4)のみをお知らせし、チェックすべき映像だけを簡単に閲覧できます。
  • 出庫から帰庫までの1分ごとの写真(注5)が見られます。
 
会社概要
社 名 株式会社データ・テック
代 表 田野 通保
設 立 1983年7月(昭和58年7月)
本 社 東京都大田区西蒲田7-37-10 グリーンプレイス蒲田11階
事業内容
  • 事故予防・省燃費運転を支援する車載器
    世界初!運転診断ができるドライブレコーダー 「セフティレコーダ®」開発・販売
  • 動く物体を計測する角度センサ
    加速度計、ジャイロやGPSを活用した動く物体の角度や位置を計測する装置の開発
    (◆線路の経路検査◆車メーカー向け計測器◆無人搬送車・ロボット◆放送用カメラスタビライザーなどに使用)
  • 車両情報も管理できるネットワークシステム
    車両に関わる有効なネットワークを用い業務の運用に至る広義のネットワークシステムを提供
本件に関するお問い合せ

株式会社データ・テック 営業本部
電話:03-5703-7060

記載された製品の仕様・サービス内容は発表日現在のものであり、予告なしに変更されることがあります。
セイフティレコーダ®は、株式会社データ・テックの登録商標です。

ページTOPへ